ワインおたくの夫と食べること大好きな妻の貧乏暇無し日記。フランス・ロワール地方でぶどうの有機栽培とワイン醸造に挑戦しています。


by maisey

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ロゼ大賞に輝くのは?

2ヶ月前、まだ剪定の仕事も見つからず暇を持て余していた時、マーク・アンジェリの未熟ぶどうを収穫して野生酵母で発酵させたロゼ。
c0188527_041341.jpg

澱引きをして発酵させたもの、澱ごと発酵させたものと2種類作ってみたのですが、澱引きをしたロゼは1ヶ月前に瓶詰めして、澱ごと発酵させたロゼはそのまま1ヶ月置いてつい先週末ようやく瓶詰めをしました。
c0188527_0422154.jpg

ま〜たいつもの通り原始的なやり方で...
c0188527_046057.jpg

そして待ちに待った飲み比べの時がやって来ました!
飲み比べたのは3種類。
①澱引きをして発酵させたロゼ(12月に瓶詰め)
②澱ごと発酵させて一次発酵後1ヶ月置いておいたロゼ(1月に瓶詰め)
③澱ごと発酵させて一次発酵後①と同時に瓶詰めしたロゼ(12月に一本だけ瓶詰め)

なんだかややこしいことになってますが、まず実験のために一本だけ瓶詰めしておいた③はダメでした。
酸味が鋭くて、でもそれを補うような鮮やかな果実の味もなくて、ぎこちない感じ。

ですから勝負(?)は①の澱なし発酵と②の澱あり発酵の間となるのですが、これがなかなか面白かった。
①はイチゴやラズベリーの弾けるような味わいなのに対して②は果実で言えばザクロのよう。そして何故だか知らないけどちょっと血の味も...
ここ1ヶ月間、美味しい、美味しいと言って飲んでいた①は勢いがあるというか、元気な果実が魅力的なのだけど、酸っぱさが和らいで全体的には丸くて細やかな印象の②と比べるとなんだか雑な感じがするというか...
で、結果私たちの中では②の澱ごと発酵させて一次発酵後1ヶ月放置したロゼがお気に入りでした。

私たち夫婦二人の自己満足なワイン作り&批評ですが、映画にもショッピングにも外食にも行かない私たちの週末の楽しみです。
[PR]
by maisey | 2010-01-30 01:35 | ワイン

カテゴリ

全体
自己紹介
ぶどう畑・春
ぶどう畑・夏
ぶどう畑・秋
ぶどう畑・冬
醸造
ワイン

フランスの日々
カナダの日々
日本一時帰国

レシピ
土地さがし

以前の記事

2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

(25)
(9)
(4)
(4)
(4)
(3)
(1)
(1)
(1)

最新のトラックバック

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
ばーさんがじーさんに作る食卓
VINO! VINO! ...
ジェイクnoチカラ
べルリンでさーて何を食お...
カンパーニュに恋して

お気に入りリンク

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧