ワインおたくの夫と食べること大好きな妻の貧乏暇無し日記。フランス・ロワール地方でぶどうの有機栽培とワイン醸造に挑戦しています。


by maisey

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

C'est pas ma faute 最終章

初めての方はこちらから。
どんだけ長いんだこの話、と思われるでしょうが、実際に経験した私たちにとっても本当に長かった!!
...ので、もう少しおつきあいください(道づれ)。

1年と8日間、250ユーロを口座に凍結させれば10日ほどでまた小切手を使えるようになる、と言われていたので安心していました。

ところが10日経っても、2週間経っても、3週間経っても音沙汰なし。

現在使用している銀行に行く度に「もう小切手使えるようになりました?」と聞いてデータを調べてもらっても
「あ、まだ黄色い旗が消えてませんね...」と言われる。

この黄色い旗、いわゆるブラックリストみたいなものですね。

フランス中どこの銀行で口座を開いても私たちの名前の横には黄色い旗が付いてまわるので、これを見れば銀行員なら誰でも「小切手禁止令が出てる」というのが分かってしまう。

受付の人ともどうしてもヒソヒソ声になってしまう...

この小切手社会で小切手が使えないのって不便だし、っていうかいつまでも待っていても無駄なような気がして、重い腰をあげてパリ支店に電話する。

私たちの担当者のマダムの直通番号に電話しても、出て来るのは違う人。

オットが長〜い事情を説明すると、電話の相手は話を聞き終わると同時に「あ、その件でしたら担当者本人じゃないと分からないので
かけ直させます」と。

2日待っても音沙汰なし。
土曜の朝にまたこちらから電話する。

またしても担当者じゃない人。
またオットが一から事情を説明する。

聞き終わると同時に「今日は担当者も僕もとても忙しいのです。
ですからあなたには来週電話します」
と言って切られました。

私のオットは(自慢ではないが)本当に穏やかな性格の人。
いつもキーキーわめく私を横でなだめるタイプなのだが、そんなオットもさすがにキレた...というか、ふて寝してしまった(笑)!

私はいてもたってもいられなくなって、現金を振り込みに行った社員3人のこじんまり支店に助けを求めに行くことにしました。
「そんなことしても無駄だ!」というオットの声を振り切って...

銀行に着くと、受付には前回応対してくれた感じの良い中年女性がいました。

ここでもパリ支店の担当者にしか解決できない、と言われると思いつつ事情を説明すると、すぐにデータを調べてくれる頼もしい彼女。
私たちが来店してすぐにパリ支店に送金し、ずっと音沙汰がないので1週間前にまたメッセージを送ったところだったと言いました。

なんだかほっとして「パリ支店はちっとも話にならなくて...」とつい弱音を吐いてしまうと、彼女はうんざりした感じで首を振って「同意だわ」と言うので嬉しくなってしまう。

田舎者が心を通わせる瞬間...それはパリの悪口を言う時!!

そして彼女はコンピューター画面を見つめて顔をしかめると

「あら、あなたたちが振り込んだ額、パリ支店には届いていないって出てるわ!」

「どういうことですか?」

「パリ支店、あなたたちのお金をまた無くしてしまったようね!」

もうね、ここまで来ると笑うしかないというか
ここまで全てが上手くいかないと宿命かと思い始めたりするのですが、

受付の女性は「私はあなたたちがちゃんと入金したという証拠があるから心配しないで。来週私からパリ支店に連絡しますから、任せて」と言ってくれた。

このおばさんが女神に見えました。
私たちはもう(厳密には)この銀行のお客さんじゃないのに、パリ支店はそれがモロ態度に出ているというのに、やっぱり田舎って温かいなあ...

さて、日・月曜と銀行のお休みを挟んで火曜の朝、さっそくパリ支店の担当者から電話がかかってきました!

「250ユーロを凍結したのであなたたちは今日からまた小切手が使えるようになります。時間がかかってしまって申し訳ありません...」

良いニュースに加えてやっとパリ支店からお詫びの言葉が!と思いきや、


あなたの最寄りの支店がちゃんとうちの支店に送金して来なかったので遅くなってしまいました」と。


最後の最後まで「私のせいじゃない」は健在!

もう信じられませんでしたが「はい、ありがとうございました」としおらしく電話を切るしか出来ない己のフランス語力の乏しさには泣けてくる。

まあでも2ヶ月かかってやっと解決したのでめでたし、なのですが。

後日きちんと手紙で小切手禁止令が解除された旨が送られて来たときは額に入れて飾ろうかと思ったくらいです。

それにしても「フランス語講座・文句の言い方/相手のせいにする話術」なんてあったら絶対に受講するのに...なんて思ってしまいました。

本当、フランスに住むってサバイバルだなと感じた出来事でした。ふう。
[PR]
by maisey | 2010-12-19 20:25 | フランスの日々

カテゴリ

全体
自己紹介
ぶどう畑・春
ぶどう畑・夏
ぶどう畑・秋
ぶどう畑・冬
醸造
ワイン

フランスの日々
カナダの日々
日本一時帰国

レシピ
土地さがし

以前の記事

2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

(25)
(9)
(4)
(4)
(4)
(3)
(1)
(1)
(1)

最新のトラックバック

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
ばーさんがじーさんに作る食卓
VINO! VINO! ...
ジェイクnoチカラ
べルリンでさーて何を食お...
カンパーニュに恋して

お気に入りリンク

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧