ワインおたくの夫と食べること大好きな妻の貧乏暇無し日記。フランス・ロワール地方でぶどうの有機栽培とワイン醸造に挑戦しています。


by maisey

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

土地さがし珍道中

ここ1年(いや、もっとか)あまりブログを更新していませんでしたがHPでオットが日記を載せるようになってからは、畑でのしごと、カーヴでのしごとについて書くことがさらにおっくうになっています。

私たちのワインが商品化されるにつれて、私たちのしごとを知ってもらうにはHPに直接書いたほうが多くの人に伝わるし、あるていど匿名性を保っていたこのブログの居場所がよく分からなくなってきました。
ここには何を書いたらいいんだろう?

それで、今までずっと書きたかった、土地さがしのてんやわんやについて少しずつ書いていきたいと思います。

私たちの体験はたぶん一般的ではないのでどなたの参考にもならないと思いますが、フランスでワイン畑を探すってどんな過程なの?と興味がある方も多いのではないかなと思うし、奇妙なエピソード満載の読み物として楽しんでいただけるかな、と思います。

〜お金がない、仏語の下手な外国人夫婦が〜フランスのど田舎で〜ワイン畑に出逢った〜(むりやりウルルン風)
久しぶりの更新で、変なテンションになっております!
c0188527_22321463.jpg

私たちがフランスに残ってワインを作る!と決めたのは2010年の3月中旬でした。

皆さんご存知かと思いますが、ぶどうの樹は収穫後、葉が落ち、樹液が下がり、春にまた芽吹くまで「休眠期」のようになります。

この時期(11月末〜3月末)に剪定するわけですが、畑の売買や貸し借りの契約も普通この時期に行われます。

地域に長くいる農夫同士の取引は大体ノエル前に決まることが多く(すっきりしてノエル休暇を過ごしたいのでしょう)、売れ残りや貸し残りの畑は1月以降、在住期間の短い若者農夫の耳に入ってきたり、公的機関を通して知らされたり、生協に「畑の貸し手、求む!」みたいな広告が貼り出されたりします。

売る側は今年から誰かのものになる畑の剪定はしないし、買う側は新芽が出る前に剪定しなければならないので、取引は早めに済ませるにこしたことはありません。

3月中旬に畑を探し始める人(バカ)なんてどこにもいないと思います。
私たち以外...

取りあえず、マーク・アンジェリの助言に従って近くの生協数カ所に個人広告を貼り出しました。

「カナダ人若夫婦がぶどう畑を探しています!」

どうして「カナダ人」とか「若い」とかわざわざ書いたのか(笑)今となっては理解に苦しみますが、たぶんせっかく電話をくれても変な訛りのフランス語で応えたら相手は不審に思うのではないか、とか思ったのだと思います。

外国人と分かっていて電話をくれる人だったら偏見もなく畑を売って(または貸して)くれるのでは!という思惑だったのですが、電話はなることはありませんでした。チーン

つづく
[PR]
by maisey | 2012-01-22 22:38 | 土地さがし

カテゴリ

全体
自己紹介
ぶどう畑・春
ぶどう畑・夏
ぶどう畑・秋
ぶどう畑・冬
醸造
ワイン

フランスの日々
カナダの日々
日本一時帰国

レシピ
土地さがし

以前の記事

2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

(25)
(9)
(4)
(4)
(4)
(3)
(1)
(1)
(1)

最新のトラックバック

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
ばーさんがじーさんに作る食卓
VINO! VINO! ...
ジェイクnoチカラ
べルリンでさーて何を食お...
カンパーニュに恋して

お気に入りリンク

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧