ワインおたくの夫と食べること大好きな妻の貧乏暇無し日記。フランス・ロワール地方でぶどうの有機栽培とワイン醸造に挑戦しています。


by maisey

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:飲んだワイン ( 1 ) タグの人気記事

ボジョレー sans soufre

今日は11月の第3木曜日!
去年もそうでしたが、今年もそろそろかな、とぼんやり思っていたらスーパーの片隅にヌーボー発見。
c0188527_3101590.jpg

しかもラベルがやたらと日本を意識してるような...
と思うのは私だけ?

ボジョレーといえば、1ヶ月ほど前に初めてマルセル・ラピエール(Marcel Lapierre)のモルゴンを開けました。
c0188527_393022.jpg

(なぜか写真のグラスに泡が付いてますが、これはビール。。)
彼は自然派ワインのリーダー的存在であり、私たちの周りにも彼に影響を受けた生産者はたくさんいます。

このワインを買った時、お店の人に「亜硫酸無しのボトルにしますか?それとも亜硫酸入りにしますか?」と聞かれた。

ワインショップでそんなことを聞かれたことは今までなかったのでびっくりしてしまいました。
同じワインでも亜硫酸無し・入りを選べるなんて「食後はコーヒーになさいますか?それとも紅茶?」のような感覚?(ちょっと違うかな)

日本の輸入元のサイトにもありますが、マルセル・ラピエールは醸造過程で酸化防止剤としての亜硫酸を一切加えません。
しかし長時間の移動や輸出を考えると亜硫酸一切無添加のワインというのは不安定でリスクを伴うので、瓶詰めの際に「顧客の要望に合わせて」少量の亜硫酸を加えるそうです。

でもフランス国内では亜硫酸全くの無添加バージョンも買えるんですね。
お店のスタッフに聞くのを忘れたけど、どちらの方がよく売れるのかな。
個人的には、開けてびっくりになりかねないsans soufre(亜硫酸無添加)よりも、微量の亜硫酸で安定したワインの方が...と思ったのだけど、オットの熱い要望により無添加のものをお買い上げ。

ちなみに初めて飲んだラピエールのワイン、開けてすぐの感想は「ふーん」という感じでした。
しかし時間が経つごとにどんどん香りが開いてきて、詳しい味や香りは忘れてしまったのですが(だめ)空気に触れれば触れるほど美味しくなって瓶が空く頃にはすっかり虜になっていました。

ちょうど私たちも初めての収穫の真っただ中だったから、良い刺激をもらったというか、私たちもいつか...!なんて図々しく興奮したり。


そしてそんな風に彼のワインを楽しんだ数日後、マルセル・ラピエールが闘病の末亡くなりました。
60歳の若さにして...残念です。
心からご冥福をお祈りします。
[PR]
by maisey | 2010-11-19 05:56 | ワイン

カテゴリ

全体
自己紹介
ぶどう畑・春
ぶどう畑・夏
ぶどう畑・秋
ぶどう畑・冬
醸造
ワイン

フランスの日々
カナダの日々
日本一時帰国

レシピ
土地さがし

以前の記事

2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

(25)
(9)
(4)
(4)
(4)
(3)
(1)
(1)
(1)

最新のトラックバック

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
ばーさんがじーさんに作る食卓
VINO! VINO! ...
ジェイクnoチカラ
べルリンでさーて何を食お...
カンパーニュに恋して

お気に入りリンク

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧